大神神社

2年前半に ほしのしずく堂さんで出逢い

その3日後に大神神社でお互いに時間調整されたかのように会えるはずのない時間にバッタリ出逢った可愛い彼女と

大神神社 参拝

約2年ぶりに再開した登拝をしよう❗️と2人楽しみにしていたんだけど

遅れて家を出ることになったり電車を降りる駅を間違えたりと連絡入り

あ~これ時間調整されてるパターンね

どういう結果になるように調整されてても

成り行きに任せた なるように成る結果がBest❗️

とわくわく待っていると桜井駅に11:48

彼女のコロナ明けの体力心配してるし 肋骨にヒビが入っているて言うてたしね

これは万全の身体になってからおいでってことだなと浮かんだ☺️

なので

ただただ

『今ここ』に感謝の大神神社参拝

お昼には 山の辺の道 花もりでめちゃめちゃ美味しい大神神社の御神饌(ごしんせん)そうめんをいただいて

南高梅のかき氷のあまりの美味しさに感動

美味しいよ‼️と聞いていたけど どんなに想像しても想像できてなかった味と美味しさ

次回も間違いなくコレだ‼️と推すほどおススメ

たまたま今日は仕込むために作っていたという 五條の完熟梅のシロップを味見させていただけて

あまりの美味しさに飛び上がった

そして初めての花もりの珈琲

おしゃべりに夢中になっていても香り高く漂ってくる豆挽きの良い香り~

その珈琲 完熟梅のシロップ並みに感動的だった

ありがたくいただきました

お互いの激動の日々の出来事のおしゃべりに花が咲き 共感し 共鳴し

何度笑いながら鳥肌が立ったことか

わくわくしっぱなし

なぜか間違えて降りた

駅のホームから見た『黄金の鳶』の像の話

日本書紀に書かれている神武天皇が和歌山側から大和国に攻め入った際の

負けそうになった時に黄金の鳶(トンビ)が飛んで来て勝つことができたという霊鳥

そのトンビが降り立ったのが大神神社の南に位置する#等彌神社 #鳥見山

等彌神社から鳥見山に登拝でき

頂上付近には #霊畤 (まつりのにわ)といわれる神事ごとをされる巨石な磐座がある

とみじんじゃは トンビトンビトミ 

鳥見山は    トンビトンビトリミ

そして そのふもとには

外山と書いて『トビ』と読む地名 トンビトンビトビ

と『黄金の鳶』トンビ

いろんな話をしているうちに他のワードからも等彌神社の境内にある木の話に繋がっていくことに成り行く

 そうか❗️

今日は 今から等彌神社 にお参りするってことなんだな

そして 等彌神社へ向かった

前の記事

7月のご予約可能日

次の記事

等彌神社